深谷市立図書館
トップページへ戻る よくある質問 リンク集 資料検索の方法 子ども読書活動推進計画
メニューここから
メニューを飛ばす
メニューここまで
本文ここから

利用案内


施設案内・休館日・開館時間

利用できる方

資料を借りるときは利用カードが必要です。深谷市、熊谷市、寄居町、児玉広域地区に住んでいる方、通勤、通学している方ならどなたでもつくれます。
図書館外利用申込書(PDF)に記入をして、住所・勤務先・通学先を確認できるもの(運転免許証・保険証・学生証など)を添えて、各図書館カウンターにお申し込み下さい。

資料の貸出と返却

貸出点数と期間

種類 期間 貸出点数
図書・雑誌 2週間 10冊まで
視聴覚資料
(ビデオ・CD・DVD・カセットテープ)
1週間 2点まで

返却

各種サービス

予約・リクエストサービス

○予約

お探しの資料が貸出中のときは、予約をすることができます。
予約申込書にご記入のうえ、カウンターにお申し込みください。また館内にある利用者用検索端末からも ご自身で直接予約ができます。
お一人様予約・リクエストと併せて、図書・雑誌10件、視聴覚資料2点まで予約をすることができます。
なおホームページ検索画面からの予約入力には事前にパスワードの申請が必要になります。申請用紙に必要事項をご記入のうえ、直接各図書館カウンターに申請して下さい。
※各館の書架にある資料については,一定の時間ごとに書架から引き抜きます。
 来館された方が予約された資料を借りようとしていた場合は来館者を優先させていただきます。また、他館から資料を取寄せるために貸出中でなくても何日かお時間をいただきます。そのため予約を入れてもすぐに貸出の準備ができない場合もあります。
 必ず貸出の準備ができているのをメール連絡等で確認してから図書館においで下さい。ホームページにある《利用状況》から予約資料の状態が《受取可》になっているものは貸出の準備ができていますので選択された受取館までおいで下さい。
図書館ホームページパスワード申請用紙(PDF)
予約リクエスト用紙(PDF)

○リクエスト

図書館に所蔵していない本をほかの図書館で取り寄せて提供します。リクエスト申込用紙にご記入のうえ、カウンターにお申し込みください。
お一人様予約・リクエストと併せて、図書・雑誌10件リクエストをすることができます。また、視聴覚資料については埼玉県立図書館所蔵のものを除いてリクエストはお受けできません。
なお、広域利用者のリクエストはお受けできませんので、地元の図書館でお申し込みください。
予約リクエスト用紙(PDF)

閲覧室の利用について

閲覧室を利用するには、カウンターで申請が必要です。
図書館の利用券をお持ちの方は、利用券を提示していただきます。利用券をお持ちでない方は、申請書を記入していただきます。

コピーサービス

図書館所蔵の資料について著作権法の範囲内でコピーすることができます。各図書館カウンターにご確認下さい。なお、図書館の資料以外はコピーできません。
コピーは有料です。料金はA3以下1面10円です。

バリアフリーサービス

高齢のために通常の活字による読書が困難な方、発達障害などのために読むことが困難な方、肢体不自由・寝たきりなど身体の障害があり図書館へ来館するのが困難な方など 「図書館の利用に障害のある方」が、少しでも図書館を快適に利用していただくためのサービスです。
詳しくはこちらをご覧ください。

郵送貸出サービス

○利用できる方

郵送貸出を利用される場合は利用登録が必要です。郵送貸出サービスを利用できるのは市内に住み、通常の図書館利用が困難で、次に該当する方です。

  1. 身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている方のうち、障害の部位が上肢・下肢または、体幹機能障害の方。
  2. 介護保険制度における要介護・要支援の認定を受けた方。

・ 貸出冊数と返却期限
図書・雑誌 … 合わせて10冊まで1ヶ月間
CD・ビデオ・カセットテープ・DVD … 合わせて2点まで1ヶ月間
・ 貸出方法
お読みになりたい図書などを各図書館へ電話もしくはFAXでお申込ください。郵送により貸出します。
・ 返却方法
日本郵便深谷支店郵便課(571-2977)へ電話でお申込ください。郵便局員がご自宅まで取りに伺います。

音声・拡大読書機の利用について

深谷図書館では、視覚に障害をお持ちの方が読書に親しめるよう音声・拡大読書機「よむべえ」を設置しています。
「よむべえ」は、活字の文書を読み込み、活字を拡大してモニターに表示したり、音声化して読み上げる機械です。
図書館内の資料だけでなく、個人の郵便物や通帳などにもご利用いただけます。
利用を希望される方は、カウンターでお申し付けください。


利用上のお願い

図書館は多くの人が利用するところです。他の利用者に迷惑をかけないようお願いします。


赤ちゃんと一緒に絵本のひととき

ふっかちゃんとあそぼの表紙      絵本を読んでいる様子

1992年、イギリスで、乳児健診に参加したすべての赤ちゃんと保護者のみなさまに、メッセージを添えて絵本をプレゼントするブックスタートという運動が始まりました。現在、絵本を通して、赤ちゃんと保護者のみなさまが楽しい時間を分かち合うことを応援するこの運動は、日本各地に広がりつつあります。
図書館では、平成28年度から「ふっかちゃん子ども福祉基金」を活用して、保健センターの4か月児健診の際に、赤ちゃんとその保護者のみなさまに絵本「ふっかちゃんとあそぼ」を読み聞かせ、プレゼントしています。
また、図書館では、みなさまのためにたくさんの絵本を用意しております。どうぞ赤ちゃんと一緒にお出かけください。お待ちしております。

各種申請書様式(PDF)

本文ここまで  本文の先頭へ  メニューへ
▲ページの先頭へ
以下、奥付です