上へ
よくある質問  リンク集
資料検索の方法  子ども読書活動推進計画
本文ここから

もくぞう(木造)コーナー




1 図書館建設概要としょかんけんせつがいよう


花園はなぞのこども情報交流図書館じょうほうこうりゅうとしょかんアクロス建設概要けんせつがいよう

林野庁りんやちょう平成へいせい16年度ねんどのある生活空間せいかつくうかんづくり事業じぎょう 先駆的施設整備型せんくてきしせつせいびじぎょうがた補助事業ほじょじぎょう
建設面積けんせつめんせき 505.31m2
延床面積のべゆかめんせき 498.83m2(1かい 484.25m2、2かい 14.58m2
構造規模こうぞうきぼ 木造軸組もくぞうじくぐみ 2階建かいだ
構造材仕様こうぞうざいしよう


2 図書館としょかんができるまで

 花園はなぞのこども情報じょうほう交流こうりゅう図書館としょかん「アクロス」はくに林野庁りんやちょう)・けん農林部のうりんぶ木材利用もくざいりよう推進室すいしんしつのある生活空間せいかつくうかんづくり事業じぎょう県産木材利用推進整備事業けんさんもくざいりようすいしんせいびじぎょう)によって整備せいびされました。
 図書館としょかんは、住民じゅうみん利用率りようりつたかく、地域住民ちいきじゅうみん学習がくしゅう情報交流じょうほうこうりゅうでもあります。先駆的木材公共施設せんくてきもくざいこうきょうしせつ整備せいびとして、県産木材けんさんもくざい利用りようし、地域ちいき活性化かっせいか森林しんりん整備せいび次世代じせだいになどもたちへの木材利用もくざいりよう啓発けいはつをすすめながら、埼玉県産木材さいたまけんさんもくざい一般住宅いっぱんじゅうたくへの普及促進ふきゅうそくしん需要拡大じゅようかくだい目的もくてきとした施設しせつです。みなさん、花園はなぞのこども情報交流図書館じょうほうこうりゅうとしょかん「アクロス」でのあたたかさをかんじてみませんか。


(1)埼玉県さいたまけん神川町かみかわまちのゆたかなやまそだちました。図書館としょかんのためにえらんだはチェーンソーでります。
図書館ができるまでの画像1   図書館ができるまでの画像2   図書館ができるまでの画像3
 

かぶはこんなにおおきいよ。 (2)機械きかいでトラックにみます。
図書館ができるまでの画像4   図書館ができるまでの画像5   図書館ができるまでの画像6

(3)原木市場げんぼくいちばはこばれます。(4)製材所せいざいじょに運ばれきびしい検査けんさののち、JASの認定にんていけます。
図書館ができるまでの画像7   図書館ができるまでの画像8   図書館ができるまでの画像9

(5)大工だいくさんがひとつひとつていねいにてます。
図書館ができるまでの画像10   図書館ができるまでの画像11    

(6)接合部分せつごうぶぶんがきれいになるようにホームコネクターという金具かなぐ使つかっています。
図書館ができるまでの画像12   図書館ができるまでの画像13   図書館ができるまでの画像14

(7)ない外装がいそう塗装とそう利用者りようしゃ安全あんぜん配慮はいりょした自然塗料しぜんとりょう使用しようしています。
図書館ができるまでの画像15   図書館ができるまでの画像16    

ふるさとのもりコーナー(2かいロフト)   おはなしのへや   がくしゅうコーナー
図書館ができるまでの画像17   図書館ができるまでの画像18   図書館ができるまでの画像19
しらべがくしゅうコーナー   情報交流じょうほうこうりゅうコーナー   開架かいかスペース
図書館ができるまでの画像20   図書館ができるまでの画像21   図書館ができるまでの画像22


3 木材利用推進事業もくざいりようすいしんじぎょう


づくり探検隊たんけんたい(18年12月23日(土)・新聞しんぶんづくり19年1月5日~7日)

今年ことしはときがわまち山林さんりん林業りんぎょう見学けんがくをしました。そのあと農林公園のうりんこうえんでお弁当べんとうべたあとにたけ間伐かんばつをして、その竹を使つかってお正月しょうがつ門松かどまつづくりをしました。木づくり探検隊の報告ほうこくするために木づくり探検隊新聞をつくりました。新聞は花園図書館の情報発信室じょうほうはっしんしつ展示てんじされています。


木材利用推進事業の画像1   木材利用推進事業の画像2   木材利用推進事業の画像3


埼玉県さいたまけん森林しんりん林業りんぎょう木材もくざいについてりたいひとはこちらをどうぞ。

埼玉県の森林    もくぞうくん  
もくぞうくんは、はなぞうくんのおとうとです。

写真協力しゃしんきょうりょく 寄居林業事務所よりいりんぎょうじむしょ

本文ここまで  本文の先頭へ  メニューへ 本文ここまで 以下、奥付です